Mac、 iPhone、DTP、inDesignの備忘録

iPhoneで撮影したHEIF形式の写真をJPG形式にしたい

HEIF形式とは?

HEIF(High Efficiency Image File Format、ヒーフ、拡張子:.heic, .heif)とは画像ファイルのフォーマットの一つで、JPGと比べて最大2倍の圧縮率を誇ります。AppleはmacOS High SierraとiOS 11で採用しており、iPhoneではデフォルトの画像フォーマットになっています。しかしながら、iPhoneで撮影した画像をブログなどで使用しようとすると、WordPressなど多くのブログでこの形式をサポートしておらず、アップロードできないという問題にぶち当たります。そのためブログで使用する場合にはJPG形式などの画像フォーマットに変換する必要があります。

HEIC形式の写真をJPG形式に変換するには?

「プレビュー」で変換する

Macを使用している方ならmacOSに付属しているアプリケーション「プレビュー」で手軽に変換ができます。HEIF形式の画像を「プレビュー」で開き、ファイル→複製を選択してから保存をすると、保存ダイアログがでてきますので、そこでフォーマットをJPGにすれば、JPG形式で保存できます。ただこの方法だとファイル数が多い場合は不便ですね。

一枚だけ変換するならこの方法で十分

オンラインサービスを使う

オンラインサービスも手軽ですが、アップロード、ダウンロードには時間がかかりますし、無料版だと変換にもそれなりに時間がかかります。やはりファイル数が多い場合は結構な手間になります。

無料版だと一度に変換できる枚数に制限があったりもしますね

無料アプリを使う

たくさん変換するなら写真アプリがお手軽

Photoshopで変換する

Photoshopでアクションを保存してバッチ処理する方法です。枚数が大量でもビュンビュン変換してくれますv

[st-kaiwa1]Photoshopを使用している方にとってはこれが最強でしょう。[/st-kaiwa1]

そもそもiPhoneのデフォルトをJPGにできないのか?

そもそもiPhoneで最初からJPGにできないのかっつー話ですが、できます。「設定」から以下のような手順になります。ただしファイルサイズが2倍になるので、iPhoneのストレージ容量を圧迫することになりますので注意しましょう。

  • [PR]Mac StudioはエックスサーバーのX10プランを利用して運用しています。ブログを始めるならエックスサーバーでWordPressを利用するのが使いやすいです。


  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    この記事を書いた人
    68kの頃からmacを使っているDTPデザイナーです。独立してフリーになり、その後、会社を設立。これまでの経験を当ブログで発信していきます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。