Mac、 iPhone、DTP、inDesignの備忘録

MNPを利用して子供用のスマホをUQ mobileからahamoへ乗り換える

こんにちは。

最近、iPhoneがインターネットにつながらないという不満を子供からよく受けます。

どうやら子供の年齢があがるにつれ、ネットを使う時間も増えて、データ容量の上限(3GB)に達してしまう時期が毎月早くなってきているのが原因でした。

最近だと月半ばには上限に達し、それ以降は受信速度が最大300kbpsに制限されてしまいます。

この通信速度だと外出先で動画などの視聴に難がありますよね。これまで子供用にUQ mobileのスマホプランSを契約していて、諸々割引を含めて月額2820円でした。

今ではキャリア大手からも低額大容量のプランが出ていますので、子供用のiPhoneを乗り換えることにしました。乗り換え先は自分も使っているahamoです。月額2970円(税込)、データ容量20GB。

子供は中学生なんで、20GBも必要なのかっつー話もありますが、私は仕事でデータ容量使い切ってしまい、たまに子供と出かける時に出先で足りなくなることもあるので、そのとき子供の分のデータ容量をちょこっと拝借できたら便利だしなーと思ってのことです。

UQでMNP番号を取得できるのは電話のみ。オンラインでは無理でした

myUQ」→「お客様サポート」→「お手続き」→「解約・MNP転出のお手続き」と進み、「詳しくはこちら」のリンクをクリックします。

今回の場合はMNP転出で転出先はahamoなので、そのように入力します。

そして、さらに下の方へスクロールを進めると「MNP転出は下記で受付いたします。」との記述があり、その「下記」には「UQ mobileお客様センター」への電話番号が書いてありました(汗)

おいおい、ここまでネットサーフィンさせておいて、最終的に電話させるんかい(怒)。。このデジタル化の時代に(嘆)。。と思いましたが、落ち着きを取り戻してセンターへ電話しました。

ahamoへMNP転出の意向とその理由を伝えると、UQさんも客を繋ぎ止めるのに必死みたいで、通信量が多いプランはどうですか、とか、お客様の場合はiPhone 12が割引で買えます、とか、最後にはauのpovoはいかがでしょうか? みたいな営業をかけられましたが、必死に振り払って、無事?予約番号を教えてもらえましたv

自分がauからahamoへMNPしたときは、オンラインで完結できましたけどね。

UQが嫌いだったわけではないですが、時代遅れですよUQさん。オンラインにして人件費を削減したほう良いんじゃないでしょうか。

なぜahamoなのか?

次にahamoで申込みをしました。ahamoって、料金システムがシンプルで分かりやすくて好きなんですが、サイトのデザインや操作性もシンプルかつ簡単でとても良いです。

これもahamoを選択する一つの理由。もちろん月額費用やデータ容量も納得の上です。

親が契約者になり、子供が利用者になる

これはahamoさんのせいではなく自分の準備不足のせいですが、知らなくて戸惑った注意点が2つ。

・ひとつのdアカウントにつきahamoは1契約まで。

・ahamoの契約は20歳以上。

ということなので、契約は親である自分がdアカウントを新たに作成し、端末の利用者として子供を登録することになります。

UQで購入した端末はSIMロック解除が必要

UQさんで購入した端末のSIMロック解除はこちら

SIMロック解除はオンラインで簡単にできました。

SIMが届いたら、あとは挿し込むだけ

申込みが済んでから三日後にSIMが届きました。さっそく子供にSIMを挿し込ませましたが、圏外になったままでアンテナが立ちません。SIMを挿し直したり、iPhoneを再起動したりしましたが、変化なし。検索して調べてみるとahamoサイトの「よくあるご質問」に同じ状況の質問がありましたが、それを試しても変化なし。現状、まだahamoとしては使用できていません。また、進展したら続報を書きます。

  • [広告]Mac StudioはエックスサーバーのX10プランを利用して運用しています。ブログを始めるならエックスサーバーでWordPressを利用するのが使いやすいです。
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    この記事を書いた人
    68kの頃からmacを使っているDTPデザイナーです。独立してフリーになり、その後、会社を設立。これまでの経験を当ブログで発信しています。2019年から株式投資、2021年から不動産投資を始め、FIREを目指しています。
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。