Mac、 iPhone、DTP、inDesignの備忘録

IDMLファイルが開けない

CS5.5で書きだしたIDMLファイルがCS5で開けない、というようなことがよくあるのですが、これはパッケージしたLinksフォルダにIDMLファイルを入れて開くことで解決できました。パチパチ。

ちなみに症状を詳しく書くと、Linksフォルダに入れない状態でIDMLを開くとindesignがフリーズするという状態でした。プログレスバーであとちょっとで終了!くらいのところまで行ってフリーズする、というタチの悪い現象です。で、強制終了後、再度、indesignを起動するとIDMLファイルが復元された状態で開きますが、結局このファイルも壊れていて、復元ファイルを保存後にまた開くと再びフリーズするという状態でした。

CS6はまだ導入してませんが、同様の症状が出てしまうのでしょうか。

  • [PR]Mac StudioはエックスサーバーのX10プランを利用して運用しています。ブログを始めるならエックスサーバーでWordPressを利用するのが使いやすいです。


  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    この記事を書いた人
    68kの頃からmacを使っているDTPデザイナーです。独立してフリーになり、その後、会社を設立。これまでの経験を当ブログで発信していきます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。