Mac、 iPhone、DTP、inDesignの備忘録

CakePHP:$html->imageの書式

echo $html->image(“画像パス”,array(‘class’=>’xxxx’));

第一引数”画像パス”の部分に表示させたい画像のURLを入力する。

第二引数にはclassやaltなどのオプションを配列形式で入力する。

第二引数の配列内に’url’ => ‘http://xxxxxxxxx.com’)などと指定すると画像リンクになる。配列でコントローラーとアクションの指定をすることもできる。

  • [広告]Mac StudioはエックスサーバーのX10プランを利用して運用しています。ブログを始めるならエックスサーバーでWordPressを利用するのが使いやすいです。
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    この記事を書いた人
    68kの頃からmacを使っているDTPデザイナーです。独立してフリーになり、その後、会社を設立。これまでの経験を当ブログで発信しています。2019年から株式投資、2021年から不動産投資を始め、FIREを目指しています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。