Mac、 iPhone、DTP、inDesignの備忘録

CakePHP:$form->input()

$form->input()でselectフォームを作る
これひとつで大体のフォームはカバーできる。自分としてはselect()やradio()よりも慣れている分だけinput()の方が素早くコーディングができる。

selectフォームを作る場合は

$form->input(’フィールド名’,’オプション’);

として、「オプション」に「’options’=>’selectに使用する値の配列’」とselectフォームで使用する値の配列を指定すればよい。
具体的には

echo $form->input(’field’,array(‘type’=>’select’,’options’=>’selectに使用する値の配列’));

となる。また、ラベルの指定も

echo $form->input(’field’,array(‘type’=>’select’,’options’=>’selectに使用する値の配列’,’label’=>’ラベル名’));

とすればよく、selectフォームを作成する場合でも通常のinput()使用法とほぼ変りなく使用できる。

$form->input()でチェックボックスを作る

チェックボックスを作る場合も

$form->input(’フィールド名’,’オプション’);

の書式でよいが、optionsで指定するタイプは「’type’=>’select’」とする。ここが間違やすところだな、たぶん。
あとは、「オプション」に「’options’=>’checkboxに使用する値の配列’」とチェックボックスで使用する値の配列を指定し、さらに「’multiple’=>’checkbox’」と指定すればよい。
具体的には

echo $form->input(’field’,array(‘type’=>’select’,’options’=>’selectに使用する値の配列’,’multiple’=>’checkbox’));

となる。また、ラベルの指定も

echo $form->input(’field’,array(‘type’=>’select’,’options’=>’selectに使用する値の配列’,’multiple’=>’checkbox’,’label’=>’ラベル名’));

とすればよい。

  • [PR]Mac StudioはエックスサーバーのX10プランを利用して運用しています。ブログを始めるならエックスサーバーでWordPressを利用するのが使いやすいです。


  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    この記事を書いた人
    68kの頃からmacを使っているDTPデザイナーです。独立してフリーになり、その後、会社を設立。これまでの経験を当ブログで発信していきます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。