Mac、 iPhone、DTP、inDesignの備忘録

MacのSafariで見ているyoutube動画をiPad、iPhoneに転送して視聴したい

 

Mac SafariからiOS SafariまたはiOS youtubeアプリへの動画ページの受け渡しについて、調べてみました。ユニバーサルクリップボード機能やAirDrop機能を使えばスムーズに受け渡しできるようですね。ただしページの転送後はいずれの場合も、動画の最初からの再生となってしまうようです。今回はiOSデバイスで試していますが、iPadでも同様です。ユニバーサルクリップボード機能やAirDrop機能については最後に解説していますので、そちらを参照してください。

なお、Mac Safariのツールバーをカスタマイズしてしまっていて、「共有」アイコンがツールバーにない方は、「共有」アイコンをツールバーに戻すか、メニューの「ファイル」→「共有」→「AirDrop」を使用しましょう。

Mac SafariからiOS Safariへ

Mac Safariで視聴しているYouTube動画をiOS Safariで視聴したい場合は、Mac Safariで視聴している動画のURLをコピーして、iOS SafariのURL欄へペーストする。この時、ユニバーサルクリップボードが機能していないとうまくペーストできません。この場合、動画は見ていた箇所からの再生ではなく、最初からの再生となります。

iOS SafariからMac Safariへ

iOS Safariで視聴している動画のURLをコピーして、Mac SafariのURL欄へペーストする。この時、ユニバーサルクリップボードが機能していないとうまくペーストできません。もしくはiOS Safari(共有)ボタンをおして、共有したいMacデバイスを選択する。この時、両方のデバイスのAirDropがonになっていないと動画ページをMacに移行できません。どちらの方法でも、動画は見ていた箇所からの再生ではなく、最初からの再生となります。

Mac SafariからiOS youtubeアプリへ

Mac Safariで視聴しているYouTube動画をiOSのyoutubeアプリで視聴したい場合は、Mac Safariのツールバーにある(共有)ボタンをおして、共有したいiOSデバイスを選択する。この時、両方のデバイスのAirDropがonになっていないと動画ページをMacに移行できません。

iOS youtubeアプリからMac Safariへ

iOSのyoutubeアプリからMac Safariへ動画ページを受け渡したい場合は、iOSのyoutubeアプリの「共有」ボタンから動画のURLをコピーし、そのURLをMac SafariのURL欄にペーストする。

 

 

 

ユニバーサルクリップボードの使い方、設定について

ユニバーサルクリップボードの使い方、設定については下記の記事を参照してください。

Mac、iPhone、iPadでクリップボードを共有(ユニバーサルクリップボード)

MacのSafariで見ているWebページをiPad、iPhoneに転送して閲覧したい

 

created by Rinker
¥131,500 (2021/09/16 21:15:27時点 楽天市場調べ-詳細)

  • [広告]Mac StudioはエックスサーバーのX10プランを利用して運用しています。ブログを始めるならエックスサーバーでWordPressを利用するのが使いやすいです。
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    この記事を書いた人
    68kの頃からmacを使っているDTPデザイナーです。独立してフリーになり、その後、会社を設立。これまでの経験を当ブログで発信しています。2019年から株式投資、2021年から不動産投資を始め、FIREを目指しています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。