Mac、 iPhone、DTP、inDesignの備忘録

【Mac】ウィンドウのスクロールバーを常に表示する

Macでは初期設定だとウィンドウのスクロールバーが表示されていません。環境設定「一般」の「スクロールバーの表示」で「マウスまたはトラックパッドに基づいて自動的に表示」が選択されているからです。スクロールしたときだけウィンドウ右端に表示される設定です。

私はこの設定がときどき不便に感じます。例えば、Safariなどで、ページ全体のうち現在どの辺を見ているのかがひと目でわかりません。そして表示されている内容によってはさらに下があるのかないのかもスクロールバーが表示されていないためかわかりません。

そこでMacでウィンドウのスクロールバーを常に表示させておきたい場合、環境設定「一般」の「スクロールバーの表示」で「常に表示」をOnにします。すると、ウィンドウ右端にスクロールバーが常時表示されます。ただしスクロールバーを常時表示にすると、右端の一部分をスクロールバーに専有されますので、使用できる横幅が若干せまくなります。ご自分の使用環境に合わせて使い分けましょう。

Mac環境設定

[st-kaiwa1]私はいつも「常に表示」に変えちゃいます[/st-kaiwa1]

また、「スクロールバーの表示」の下の「スクロールバーのクリック時」設定では、スクロールバーの上下の空白部分をクリックしたときの動作を設定できます。「次のページへ移動」を選択した場合は、スクロールバーの下の空白部分をクリックしたら次のページに移動しますし、上の空白部分をクリックすれば前のページに移動します。「クリックされた場所にジャンプ」を選択した場合は、クリックした場所にジャンプしますので、離れた場所に移動するときなどに便利ですが、逆にピッタリ次画面に移動するのが難しくなります。

[st-kaiwa1]私は初期設定のまま「次のページへ移動」を使用してます[/st-kaiwa1]

 

  • [広告]Mac StudioはエックスサーバーのX10プランを利用して運用しています。ブログを始めるならエックスサーバーでWordPressを利用するのが使いやすいです。
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    この記事を書いた人
    68kの頃からmacを使っているDTPデザイナーです。独立してフリーになり、その後、会社を設立。これまでの経験を当ブログで発信しています。2019年から株式投資、2021年から不動産投資を始め、FIREを目指しています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。