Mac、 iPhone、DTP、inDesignの備忘録

Macで特定のウィンドウのスクリーンショットを撮るショートカット

これまで、特定のウィンドウのスクリーンショットを撮りたい場合、

・撮りたいウィンドウを手前にする。
Command + Shift + 4を押す。
・撮りたい範囲を選択

という手順を踏んでいました。さらにその昔はCommand + Shift + 3で画面全体を撮影しPhotoshopでほしい部分を切り抜く、などという恐ろしく手間のかかることをしてました。

ところが、もっと簡単にウィンドウのスクリーンショットをゲット出来るショートカットがありました。

Command + Shift + 4を押した後、Spaceを押すと、ポインターのアイコンがカメラのアイコンに変わり、特定のウィンドウを撮影することができます! 便利!
さらにこのショートカットの素晴らしいのは、ウィンドウが手前になくても(別のウィンドウの後ろにあっても)撮影できるし、ウィンドウだけでなくメニューバーも撮影できたり。

ただ、デフォルトの設定だとウィンドウショットに影がついてしまうので、それを消す場合はターミナルで、

$ defaults write com.apple.screencapture "disable-shadow" -bool true

と入力すると消えます。元に戻すには、

$ defaults write com.apple.screencapture "disable-shadow" -bool false

です。

 

追記:知らなかったのですが、Mac OS Xには「グラブ」というスクリーンショットアプリケーションが付属していて、こちらも同じくスクリーンショットを撮ることができます。OSのスクリーンショットと機能的に違うのはタイマー機能が付いていることで、この機能を使うとボタンをクリックしている場面の画面ショットなどがとれるようですね。

 

以下の環境で使用しています。

Macbook Air

機種 Apple MacBook Air 11-inch(Mid 2011)
OS Mac OS X バージョン 10.7.3
CPU 1.8 GHz Intel Core i7
メモリ 4GB 1333 MHz DDR3

iMac

機種 Apple iMac(Mid 2011)
OS Mac OS X バージョン 10.6.8
CPU 2.7 GHz Intel Core i5
メモリ 12GB 1333 MHz DDR3
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。